業務内容

I.S.ENGINEER株式会社では、ビルやマンション・商業施設など小規模・大規模問わず
さまざまな建物の新設工事や改修工事にともなう軽天工事、ボード工事、スパンドレル工事を請け負っております。
関東一円で実績を積み、高品質な施工でお客さまからは常に厚い信頼を獲得しております。

お問い合わせ

軽天工事(LGS工事)

「軽量鉄骨」と呼ばれる材料を格子状に組んで固定し、壁や天井の下地となる骨組みをつくる、それが「軽天工事」です。昭和50年以前は、大工さんが角材で内装の下地組みを行なうのが一般的でしたが、耐火面で優れていること、短期で施工できること、工事の単価が安いことなどから、次第に軽天工事が普及しました。現在ではビル・マンションから倉庫や学校といった公共建築物、戸建て住宅まで、幅広い内装に用いられています。

軽天工事は、建物の安全を守る重要な工事であるため、施工には職人の技術力が欠かせません。特に天井の形状が変わっていたり、障害物があって吊り天井にできない場合などは施工が難しく、現場に応じた臨機応変な対応が必要です。また、歪みや隙間が生じていれば、その後のクロス張りや塗装に影響し、内観の美しさが損なわれてしまいます。弊社は品質管理を徹底し、建物を利用する方々が、安全・快適に過ごせるよう、知識・技術・経験のすべてを駆使して施工にあたっています。

ボード工事

ボード工事とは軽鉄の骨組みの上に石膏ボードを貼っていく、壁や天井の下地をつくる工事のことをいいます。シックハウス症候群の原因となっているホルムアルデヒドを吸収分解するタイプ、学校・病院の間仕切りや廊下などに適した超硬質・高強度性能タイプなど、多種多様な材料と工法があります。
ボードとボードの間を隙間なく貼りつけ、境目をしっかりとパテで埋めていくという作業を含んでおり、繊細さが必要です。軽天工事とセットで行なわれることが多く、加工性が高いことから現在の建築物のほとんどが壁・天井にこの工法を利用しています。
丁寧かつ確実な施工は、見た目の美しさだけでなく、この後の工程であるペンキ塗装や壁紙張りでのひび割れといったトラブル防止にも繋がります。

スパンドレル工事

スパンドレルとは、留付けビスが隠れるように成形された金属化粧板のことです。材質はアルミや塗装鋼板、ガルバリウムと亜鉛メッキをベースにしたカラー鋼板などでできています。スパンドレル工事においては、空港や駅舎・ビル・共同住宅などの天井材としてこの金属化粧版を使用しています。

大きな特徴として塗装面の劣化が少なくカラーバリエーションが豊富な点と、風雨に強く耐久性に優れている点が挙げられます。
弊社ではこのスパンドレル工事も得意としており、正確な施工を心がけております。